photograph.86

「野焼のため、9時から通行止有り」
朝、早々にホテルを出る。外輪山へと入る手前で、空をどんより覆っていた雲が強風に流されて隙間から光芒がさした。晴れ男のお出迎え。

新型コロナ騒動は今やどこでも。皮肉な笑いも飛び交う団らんのなかで、ただただ、自分が持ち込んでいないことを祈るしかなかったわけで。どうかみんなお元気で。

風が一段と強くなった。結局、野焼は延期らしい。

お寺への道すがら、モリモリ咲き誇る沈丁花の株がある。今年も惜しみなく。めずらしく興味を示した、かず兄に花の名前を教えた。
「チンチロゲ?」「うん、それでええわ」

なんだかんだで賑やかに、6年が過ぎた。

Aso
Sony Nex-6 / E 50mm F1.8 Oss

comment